省エネに向けて耐熱住宅の普及推進が必要です

最近、断熱住宅と言う言葉をよく耳にします。節電意識の高まりから、省エネに対する関心も増大しているからでしょう。

耐熱住宅に関しては次世代省エネ4等級などガイドラインも設定されており、こうした基準を満たすものを指します。

木造戸建住宅においては、熱伝導がRCよりも低い事を最大限利用し、これにロックウールを組み合わせる事で、壁などの断熱性を高めているのが一般的です。

また断熱性を高めるために、窓には外部はアルミで室内は樹脂を用いたサッシに、空気層を設けたペアガラスをはめ込んだ複合サッシを採用し、壁に比べて低い断熱性を大幅に向上させています。

さらに天井の断熱性を高めるため、屋根の下地に遮熱効果を持った建材を敷いています。屋根の下地材には、防水性と透湿性も併せ持つ事が必要で、様々な工夫を施したシートが開発され、それらを採用する事で、遮熱性を高めています。

こうした、住宅全体の気密性や断熱性を上げる事で、エアコンの効率を高め、省エネに寄与する住宅が断熱住宅です。

新築住宅を購入する時に考えたいのがどのような建築様式にするのかということです。
見た目のデザイン面なども非常に大切だとは思うのですが、家というのは構造が大切ですので、最初に新しい家の工法を決めることが大切なのです。

家の工法は木造、重量鉄骨、軽量鉄骨、RC造などに分かれますが、他にも同じ木造でも在来工法やツーバイフォーなど建築方法も細かく分かれています。どの構造を選んだとしても、メリットやデメリットもありますので、自分の好みの建築工法を選ぶ事です。

木造住宅は比較的価格も安いですし、日本でもポピュラーな建築方法です。
雨季の長い日本では、ある程度湿度対策や通気対策も必要ですが、断熱性能も高いので快適さを求める人には非常に良い工法です。鉄骨住宅は耐震性を求める人には最適ですし、開口部を多く設けるようなデザインには適しています。

RC造は、耐震性も高く耐火性能にも優れていますので、防火地域などでも安心できる建物ですし設計の自由度も高いです。ただ、どの工法についてもメリットもそれなりにありますが、デメリットもあります。ですから、自分の求める住宅の価値がどのようなものなのかによって、選択肢も変わるのです。

どの工法を選んだとしても、断熱性を高めたつくりを考慮することが大切になります。電機製品自身の省エネも重要ですが、耐熱住宅の普及で更なら省エネ化が必要です。

<特別サポート>生命保険の口コミ.COM|アダルトアフィリエイト|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|超SEO対策|FXシストレ|内職 アルバイト|貯蓄|内職|アフィリエイト相互リンク|JALカード|家計見直しクラブ|工務店向け集客ノウハウ|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|