35年経っても実家は憩いの場です。

妹が生まれたときに私の家は完成しました。その当時父が一生懸命ハウスメーカーの人と相談しながら建ててくれた家でした。生まれて初めて持つ自分の部屋。部屋が出来たらこうしよう、ああしよう、と思ってわくわくしていましたが、引っ越してみて正直自分の部屋は気に入りませんでした。

どう考えてもおしゃれとは言えないグリーンの砂壁に、畳、の純和室・・・思春期女子が気に入るわけもありませんが、せめて設計の時に意見を聞いてくれれば言えたのに、全く私の意見は聞いてくれませんでした。子供だったのでどんな部屋がおしゃれなのかもわかりませんでしたが、ただ「変な壁!なんで畳なの?」と思いました。

友達の家に行ってますます自分の部屋が変なことが分かり、すごく嫌になりました。どんなにおしゃれにしようと思っても緑の砂壁が邪魔してきます。とにかく畳はカーペットでごまかせても壁は子供の力ではどうにもできないからです。

お蔭でずっとおしゃれな部屋には出来ずに部屋に友達を呼ぶのが嫌いでした。

それでも兄弟や両親との思い出がいっぱい詰まった我が家は、やっぱりとても大切な憩いの場になっています。いつまで両親と過ごせるかはわかりませんが、一緒の時間を大事に過ごしたいと思っています。